【お客さま相談室】 0120-660-318 9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

海外拠点・販売代理店一覧

撹拌機・脱泡機なら自転・公転ミキサーのシンキー

情報ライブラリ

新コラム「混ぜてみました!」:醤油+オリーブオイル編

新コラム「混ぜてみました!」:醤油+オリーブオイル編

「醤油とオリーブオイル」。混ぜにくいことではお馴染みの組み合わせですね。今回はこの2つの液体を、「あわとり練太郎 ARE-310」で混ぜてみました。手撹拌vsあわとり練太郎では、どんな違いがあるでしょうか?

まず二つのディスポ容器を準備して、各々の容器に醤油20mlとオリーブオイル10mlを静かに注ぎ入れます。一つはスタッフが手に持ってスタンバイ。もう一つは練太郎にセットして、2,000回転3分間を設定し、スイッチ・オン! と同時にスタッフも全力で手撹拌します。ドレッシングを混ぜる要領で、3分間ひたすらかき混ぜます。

撹拌の様子撹拌前

水性の醤油は下、油性のオリーブオイルは上にと、はっきりとした2層に。醤油とオリーブオイルの境界付近に見える玉状のものは醤油を注いだ時にできた油性の粒と思われる。

3分後の様子

手撹拌(左):
醤油とオリーブオイルの分離がすでにかなり進行して、もとの2層に戻りつつある。醤油とオリーブオイルの境界付近は直径数mm程度の粒子状の油が薄い中間層をつくっている。液面には視認できる気泡が数個と混ぜ手の健闘ぶりがうかがえるものの、わずかに濁る程度のオリーブオイルを透かして、醤油色に見えている。

あわとり練太郎ARE-310(右):
容器の底の方に醤油の層が薄くできてきているものの、醤油とオリーブオイルは明確に分離せず、互いに懸濁した状態で、微細な粒子状の油が厚い中間層をつくっている。液面に視認できる気泡はなく、油の大きな粒子が数十個浮かんでいる。醤油とオリーブオイルが混ざり合い緑褐色に見える。

10分後の様子
手撹拌(左):

醤油とオリーブオイルの分離が進行して、中間層が消え、ほぼ2層に戻ってしまった。オリーブオイルの透明度が高いため、下層の醤油の色が液面に反射して見える。

あわとり練太郎ARE-310(右):
醤油とオリーブオイルの分離はかなり進んで2層になってきてはいるものの、オリーブオイルの透明度は手撹拌に比べて低い。

無料資料ダウンロードのご案内

高粘度材料の攪拌・脱泡事例集をご用意しました。
稟議の際などにぜひ、ご活用ください。

無料資料ダウンロードを申し込む

情報ライブラリ

カテゴリー
過去のお役立ち情報

    高粘度材料の攪拌・脱泡事例集をダウンロードする