【お客さま相談室】 0120-660-318 9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

海外拠点・販売代理店一覧

撹拌機・脱泡機なら自転・公転ミキサーのシンキー

新着情報

二次電池展(バッテリージャパン)に出展いたします【2022 8/31 – 9/2】

2022/07/25

国内展示会・学会情報

弊社は、「二次電池展(バッテリージャパン)」に出展いたします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

二次電池展(バッテリージャパン)とは?

二次電池展(バッテリージャパン)は、2050年カーボンニュートラル実現に向け、再生可能エネルギーとEV(電気自動車)普及のカギを握るバッテリー技術。
本展には二次電池の研究開発、製造に必要なあらゆる技術、部品・材料、装置が出展し、世界各国から専門家が来場する展示会として業界に定着しています。
世界中から人と情報が『リアル』に集まる本展は、face to faceで蓄電池ビジネスを加速させる重要なプラットフォームです。

展示製品

あわとり練太郎 ARE-310

⾃転・公転の相互作⽤により、材料⾃⾝の流動性で撹拌と脱泡の同時処理を実現するミキサー。
コンパクト設計ながら、310ml(グロス重量)の処理容量を確保、微粒⼦の均⼀分散が可能、低粘度から⾼粘度と幅広い材料への対応が可能です。接着剤をはじめカーボン系粉体やセラミックス等でも、凝集なく分散・脱泡性能を発揮するため、多くの企業や⼤学、研究機関等において、先端材料の開発・製造⽤途で導⼊実績がございます。

 

ARV-310P

あわとり練太郎 ARV-310P

⾃公転⽅式に独⾃の真空減圧技術を搭載した、撹拌・分散と脱泡の同時処理を実現するミキサー。
低粘度から⾼粘度までの材料の均⼀撹拌と、サブミクロンレベルでの⾼精度脱泡が可能です。
進捗状況や運転状態をタッチパネルへリアルタイムで表⽰し、設定条件の選択も通信機能で対応、そして外部端末へ1秒ごとに処理情報を報告する機能も搭載。⽣産⼯程でのトレーサビリティの向上に貢献しています。

 


あわとり練太郎 ARE-501

低粘度から⾼粘度までの材料の均⼀撹拌と、サブミクロンレベルでの⾼精度脱泡が可能です。生産現場で鍛えられた高耐久なARE-500の駆動ユニットを継承。進捗状況や運転状態をタッチパネルへリアルタイムで表⽰し、設定条件の選択も通信機能で対応、そして外部端末へ1秒ごとに処理情報を報告する機能も搭載。⽣産⼯程でのトレーサビリティの向上に貢献しています。

 


あわとり練太郎 ARV-501

⾃公転⽅式に独⾃の真空減圧技術を搭載した、撹拌・分散と脱泡の同時処理を実現するミキサー。
低粘度から⾼粘度までの材料の均⼀撹拌と、サブミクロンレベルでの⾼精度脱泡が可能です。
タッチパネル搭載により、条件設定がさらに簡単に。別売りの真空ポンプ内蔵架台を合わせて利用することで、真空モードでより短時間で高精度脱泡が可能です。お手持ちの真空ポンプももちろんご利用いただけます。

 


あわとり練太郎 ARV-931TWIN

2個掛け方式で最大NET重量1.66kg(NET830g×2個)を 真空処理できる生産対応機。
低粘度から⾼粘度までの材料の均⼀撹拌と、サブミクロンレベルでの⾼精度脱泡が可能です。
タッチパネル搭載により、条件設定がさらに簡単に。ARV-310/ARV-310Pの性能を引き継ぐスケールアップ機として、また少量のサンプル製作にも適応した広範囲対応機です。


シリンジ充填機 ARC-40H

低粘度から高粘度の材料充填が可能なシリンジ充填機です。あわとり練太郎とのセット利用で、撹拌、脱泡からシリンジ充填までをワンストップで実現します。
10mlのシリンジを4本充填でき、今まで難しかった3ml、5mlの小容量シリンジも使用可能です。20ml、30ml、50mlシリンジ等もカスタマイズ対応いたしますので、ご相談ください。
付属の洗浄容器セットを使ってあわとり練太郎で洗浄できるため、使用後のお掃除の負担を軽減します。

装置のほか、様々な材料、レシピに対応した容器・アダプターを展示いたします。

二次電池展(バッテリージャパン) 概要

展示会
名 称 二次電池展(バッテリージャパン)
会 期 2022年8月31日(水)~ 9月2日(金)
10:00~17:00
会 場 幕張メッセ 【ブース番号:E13-1】
会場へのアクセス 会場へのアクセスはこちらをご覧ください。

会場でのご相談

事前に来場ご登録いただくと、ネット上から展示会招待券(無料)が取得できます。

来場登録、事前予約はこちら

ブースからの配信セミナーで展示機種をチェック!

来場が難しいお客様に向けて、ブースの様子や展示製品をアーカイブで見られるイベントを開催いたします。
アーカイブを見て気になることは、気軽に会場スタッフに質問することが可能です。

詳しくは、下記のバナーからご確認ください。