【お客さま相談室】 0120-660-318 【東京営業課】 03-5207-2713 9:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

海外拠点・販売代理店一覧  English Site

撹拌機・脱泡機なら自転・公転ミキサーのシンキー

導入事例

気泡除去により測定精度が向上

お客さまのお悩み

高透明度の3Dプリンタ用シリコーンの脱泡

シリコーン製人工臓器を3Dプリンタで作製し、この人工臓器・血管を使って実際の臓器での血流を確認して、外科手術の精度を上げる研究を行っています。その際、内部構造をはっきりと確認できるよう、透明度の高いシリコーンで作製する必要があります。

従来は、3Dプリンタ用のシリコーンを真空チャンバーに入れ、脱泡をしていました。ところが、真空チャンバーではシリコーンの噴き上げの問題から、作業に時間がかかっていました。これを打破するための新たな方法を模索していました。

また、出来上がった人工臓器を評価・観察してみると、レーザー光が臓器内部で散乱してしまい、測定精度が著しく悪くなり、客観的な評価ができないという問題も抱えていました。

シンキーと解決

真空ミキサーでサブミクロンレベルの泡まで除去

手間や時間をかけずに理想的な人工臓器が作製できないか、と悩みながらネットで調べていたところ、シンキーの「あわとり練太郎」にたどり着きました。まずはデモ機を借りて、試してみることにしました。

サブミクロンレベルの気泡も除去できるとのことで、真空タイプの「あわとり練太郎」ARV-310で調製してみました。
すると、従来の脱泡に比べ、シリコーンの透明度が格段に上がっているように見えました。早速、そのシリコーンを使用して3Dプリンタで人工臓器を試作してみたところ、レーザー光の散乱が格段に低減され、高透明度の人工臓器が作製できました。

実際に本研究に関わっている研究員30名程度ですが、ARV-310を導入後、ほぼ毎日使用しています。混雑していると3~4人待ちの時もあります。
「あわとり練太郎」で高品質の人工臓器を作成し続け、本研究・開発が今後、より多くの患者さんに貢献できるものになればと考えています。

・お客様の了解を得て掲載しています。

導入いただいた自転・公転真空ミキサー

低粘度から高粘度までの材料の撹拌とサブミクロンレベルの脱泡を実現する自転・公転真空ミキサーの標準機

あわとり練太郎 ARV-310

製品の詳細情報を見る

お電話でのご相談はこちら

0120-660-3189:30~12:00/13:00~17:00(土日祝休)

導入事例を見る